不貞行為は離婚の主役

今や日本は離婚大国とも言われているほどで、婚姻関係にある夫婦の三組に一組が離婚しているという統計が出ているようです。その原因には様々なものがあげられていますが、やはり上位に上るものとして、配偶者の不貞行為はよく聞かれることのようです。浮気や不倫といった裏切り行為は、当然許せるべきことではなく、それが発端となって相手を信用できなくなることもあるでしょう。

一度きりの浮気であればしっかりと話し合い、反省させ、また夫婦としてやり直すことも出来るかもしれませんが、何度もこういった裏切りを繰り返す場合、また同じ相手と長期にわたって関係を続けている場合など、これはもう改善の見込みもなく、悪質としか言いようがありません。こういった場合であれば、当然相手に慰謝料を請求し離婚が成立できるので、配偶者だけでなくその浮気相手にも同じように慰謝料を請求し、両者に償いをしてもらわなければなりません。自分の気持ちを踏みにじり顧みないような相手とは、信頼関係を築きようもなく、これから先の人生を共にできるはずもありません。動かしがたい裏切りの証拠を押さえ、これからの自分の人生を明るく前向きにするためにも、金銭でその誠意を見せてもらうのがベストなのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check